+66-(0)2−168−8511

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2016年02月02日 お知らせ

初めてのバンコクで賃貸不動産を選ぶにはどうしたら良いの?

ビジネスや留学、ワーキングホリデーなどで、タイの首都バンコクで不動産を探しているという方もいらっしゃると思います。しかし、海外での不動産探しに「何から調べたら良いか分からない!」という方も少なくないのではないでしょうか?
そこで、今回はバンコクならではの注意点から、不動産の種類、選び方などに焦点を当てて、ご紹介していきます。

バンコク賃貸不動産の選び方

今はインターネットがあるため、日本国内にいながら、バンコクの物件や、タイ現地の不動産業者が扱う物件について調べることも可能です。やはり日本人に安心なのは日系の不動産会社。当社はバンコク現地に法人があり、日々たくさんの賃貸不動産を案内しております。バンコクが初めての方でも安心して不動産をお選び頂けるように配慮しております。
現地での内見や交渉の際には、最低限のタイ語か英語ができるに越したことはありませんが、そのあたりの仲介や通訳もお任せください。当社のサポート内容についてはこちらもご覧ください。
物件を選ぶ際には、ライフスタイルに合わせて、エリアや条件を考えることが大切です。ビジネスなのか留学なのか、単身者なのか家族で住むのか、などによって条件は変わってきます。
こまかい条件面はそれぞれ変わってきますが、大枠として、日本人が住むならスクンビット通り周辺が最もおすすめです。日系企業のオフィスも多く、多くの日本人がこのエリアに住んでいます。日系スーパーやレストラン、日本語学校が多い、交通の便が発達している、日本語の通じる総合病院がある、など非常に住みやすい環境が整っています。
スクンビット通り周辺でも、高級感のあるトンローエリア、オフィスの多いアソークエリア、安く広い物件も多くタイの庶民的な雰囲気も味わえるオンヌットエリアなど、それぞれに特色があります。さきほど挙げたライフスタイルに合わせて、その中から物件やエリアを選んでいくと良いでしょう。バンコクのエリアについてこちらで更に詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

バンコクならではの注意点

続いて、バンコクに住む際の注意点をみていきましょう。文化や気候の違いから、日本とは違う部分にも気を付けなくてはなりません。
1つめは「洪水」です。タイでは、近年、洪水による浸水や冠水の被害が増えています。雨期には、スコールであっという間に道路が冠水することも珍しくありません。物件を選ぶ際は、近隣の水路が整備されているか、また洪水の際に停電の心配がないかなども確認しておきましょう。
次に、治安の面です。他の東南アジア諸国に比較するとタイは治安が良く、中でもバンコクはかなり安全な地域です。しかし、それでも日本の治安の良さには及びません。スリやひったくりに日頃から気を付ける、また深夜の外出や人通りの少ない場所は避けるなどの注意は必要です。
そして、日本人がバンコクに住むとき、多くの方が悩むのがメイドさんの問題でしょう。タイではメイドさんは、「あやさん」と呼ばれます。
「サービスアパート」に住む場合なら、そちらで用意してもらえますが、そうでない場合は自分で探す必要があります。日本と違って、洗濯ひとつとっても、雑巾などと衣服を一緒に洗うなど無頓着な場合もあるようです。また、あまり良くないメイドさんに当たると、貴重品などを盗られるといった被害もあり得ます。
もちろん、メイドさんを頼まず、自分たちで家事をおこなうという選択肢もあります。メイドさんを頼む場合は、現地の日本人駐在員や日系会社などから情報を集め、慎重に選ぶことが大切です。

バンコク賃貸不動産の種類

では、種類別にバンコクの賃貸不動産をみていきましょう。住居用の賃貸不動産は、「サービスアパート」「アパートメント」「コンドミニアム」の3つに大きく分けることができます。それに加えてオフィス物件についても、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

サービスアパート

アパートとホテルの中間のような賃貸不動産です。ホテルのようなサービスが付いたアパートと考えると良いでしょう。アパートメントやコンドミニアムに比べると家賃は割高になりますが、その分、メイドさんによる清掃や家事などのサービスが受けられ、不具合などが生じた場合も、迅速に対応してもらえます。
物件によりますが、電気代や水道代が家賃に含まれていたり、調理器具や食器などが備え付けられていたりする場合も多いようです。多少お金がかかっても、確実に安全で便利な環境を求めている場合は、サービスアパートがおすすめと言えるでしょう。物件によって異なるものの、短い契約期間でも利用できる点や、法人契約が可能な点なども特徴です。
デメリットとしては、家賃が高い点と、電話が直通回線でないため、インターネットを使う場合、その物件の提供するシェアサービスを利用せざるを得ない点が挙げられます。物件のインターネットサービスが低速なこともあるため、ビジネスなどで使用頻度が高い方は確認しておきましょう。また、ホテルのルームサービスのように、住人が不在時にメイドさんなどが部屋に入ることがあり、そうした際には貴重品の管理にも気を付けましょう。

アパートメント

最も日本の賃貸アパートに近い形態の不動産です。1人のオーナーが建物全体を所有し、一括管理しています。そのため、事務手続きや支払いがスムーズ、不具合などの対応も比較的迅速といった特徴があります。
ほとんどの場合、テレビ・冷蔵庫・洗濯機などが備え付けられており、電話は直通回線が利用できます。ただし、各お部屋の設備は同じことが多いため、家具や、家電等、追加してほしいなどのリクエストは難しいことが多いです。また、電気代・水道代は、元料金に加えて家主へのマージンが上乗せされ、割高になります。
アパートメントの特徴は、バンコク市内では、築年数の古い物件が多く、また3,4LDKなどの大き目のお部屋の割合が多い印象です。もちろんすべてはなく、新築のアパートや、1ベットルームもございます。
よって、アパートメントはご家族の方向けの物件として、多くご提案させていただいております。

コンドミニアム

マンションのひと部屋ごとに家主が異なるタイプの賃貸不動産です。日本で言う分譲マンションに近い形態です。
家賃は部屋のタイプや、物件によって幅が広くなっています。電気代や水道代に関しては、マージンは必要なく電力会社などからの請求通りになります。
コンドミニアムは、基本的に広々とした開放的な物件が多く、また部屋ごとに家主が違うため、それぞれに内装や家具も違う点が特徴です。自分の好みに合った部屋を探す楽しみが味わえます。
しかし、家主によって当たり外れが多いため、その点には注意が必要です。トラブルへの対応の仕方・迅速さ、修繕コストや退去時の原状回復に関するルールなどが、家主個々人にゆだねられる部分が大きいため、良い家主を見極めることが大切です。また、ほとんどの場合法人契約もできません。

オフィス物件

バンコクのオフィス物件は、ビル全体をデベロッパーが所有していることは少なく、部屋ごとのオーナーと個別交渉するのが一般的です。ただし、物件の管理会社により建物の管理規則は統一されていることが多くなっています。
オフィス物件に関しては、通常の物件と「サービスオフィス」物件に分かれ、サービスオフィスの場合は、電話受付・コピー・FAXなどのサービスや、机・椅子・キャビネットなどの設備が備え付けられています。また、1ヶ月からの短期契約が可能なのも、サービスオフィスの特徴です。

住居を探す場合は、予算に余裕があるなら、まずは住環境の整ったサービスアパートを選択することがおすすめです。サービスアパートは短期の契約も可能なので、そちらでまずバンコクの生活に慣れてから、自分好みのコンドミニアムなどに移るという暮らし方が良いのではないでしょうか。特に家族で住まれる場合は、子どもの安全なども考え、そうする方が多いようです。


あまり予算が無い場合などでも、衛生面や治安の良さなども考慮して、しっかりと物件を見極めるようにしましょう。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+66-(0)2−168−8511

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21タイでは日本人のお客様を中心にバンコク・シラチャーで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメント、アパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらタイ人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。