+66-(0)2−168−8511

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月28日

タイにおけるビザの取得方法について

ビザ申請書類

要点

1.主な駐在用のビザ
入国ビザ
・ノンイミグラントビザカテゴリーB(本人)
・ノンイミグラントビザカテゴリーO(家族)
2.申請・取得の基本パターン
ビザ申請に手続きはなく赴任、その後、現地で許可取得

1.主な駐在用のビザ

・ノンイミグラントビザカテゴリーB(本人)
・ノンイミグラントビザカテゴリーO(家族)

2.申請・取得の基本パターン

タイに赴任する場合は、まず日本側でノン・イミグラントビザ(カテゴリーB)という労働を目的とした入国用のビザを取得する。現地に到着後、滞在許可日数(通常90日)内で労働許可証(ワークパーミット)を取得する必要があります。
赴任者の家族は、ノンイミグラントビザ(カテゴリーO)を日本で取得してからタイへ入国する。タイの大使館への申請は、本人出頭による申請が必要となります。

■本人の就労ビザ(ノンイミグラントビザ)の申請
申請に必要なもの
・パスポート(原本・コピー)
・写真
・卒業証明書(英文)1通要認証
・戸籍謄本(発行6か月以内のもの1通)要認証
・Invitaion Letter(現法が用意)
・現地法人登記簿コピー(現法が用意)
・経歴証明書
・雇用証明書(会社で用意)要認証
・赴任証明書(会社で用意)
・Personl History(会社で用意)
・レコメン(会社で用意)

■家族ビザの申請
申請に必要なもの
・パスポート(原本&コピー)
・写真
・戸籍謄本(発行3か月以内のもの1通)要認証
・赴任者本人のパスポートコピー
・Invitation Letter(現法で用意)
・現地会社の登記簿謄本
・赴任者本人のビザコピー
・赴任者本人のWork Permitコピー

取得までの流れ(赴任者本人)

・必要書類の準備
・書類の認証取得 ※1
・書類を現地へ郵送 ※2
・タイ大使館で申請 ※3
・赴任 ※4
・労働許可証の申請 ※5
※1:卒業証明書、雇用証明書、戸籍謄本
※2:卒業証明書、雇用証明書、赴任証明書、Personal History
※3:在日タイ大使館で入国ビザ(インノミグラントビザ)の申請を行う
※4:現地空港の入国管理局へ入国ビザ(インノミグラントビザ)を提示、滞在可能日数期間を示したスタンプが押印される。これを滞在ビザと呼ぶ。最高90日間の滞在許可を通常取得可能です。
※5:入国後、90日以内に本人出頭のうえ、Work Permit(労働許可書)を持参する必要があります。

ビザ取得、航空券手配の手配はこちら

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+66-(0)2−168−8511

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21タイでは日本人のお客様を中心にバンコク・シラチャーで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメント、アパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらタイ人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。