+66-(0)2−168−8511

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月28日 基本情報

タイの治安について

パトカー

要点

1.主な犯罪について
2.防犯対策

1.主な犯罪について

睡眠薬強盗

有名な観光スポット等において、親しげに声を掛けられ、飲食(酒類、ソフトドリンク)を共にして気を許した頃に睡眠薬入りの飲み物を勧められ、知らずに飲んで意識が朦朧となったところで、現金やクレジットカード等を奪われるケースです。

中には、盗まれたクレジットカードを不正使用され、後刻、カード会社より多額の請求を受けたというケースもあります。

最近では、バックパッカー風の若者が集まるカオサン通りで、タイ人女性と知り合い、ホテルの一室において、薬物が混入された飲食物を食べたことにより、昏睡状態に陥り、現金や所持品を奪われ、意識不明の重態となり、入院するという深刻な事件も発生しています。

旅行または滞在中、見知らぬ人(特に女性)から声をかけられたり、飲食、お菓子等をすすめられたりしても、「これは、おかしい。睡眠薬強盗では?」という警戒心を持ってください。

わいせつ犯罪

集団スリ

バンコク都内のデパート、駅等において、被害者がエスカレーターや階段を利用した際に、スリ・グループが前後を挟み、前方の者がつまずくふりをして、被害者が立ち止まるような状況をつくります。その後、後方の仲間が将棋倒しになって被害者に体を押しつけ、その際に被害者のポケットやウエストポーチ等から財布を抜きとるという手口です。なお、前後を挟む犯人グループは女性や子どもの場合もあります。

抱きつきスリ

夜間、スクムビット、タニヤ、パッポン、ナナプラザなどの繁華街やカオサン通りで、いきなり、タイ人(派手な服装の女性グループや女装した犯人)が、騒ぎながら抱きついたりします。それに気を取られていると、別の犯人が現れ、被害者の腕を両側から羽交い締めにして、動きを封じ込めます。その上で、別の犯人が、ポケットやウエストポーチ等から財布等を抜き取ります。

その他のスリ

タイ北部では、チェンマイ市街のナイトバザール、サンデーマーケット(歩行者天国)等混雑する場所において、スリや置き引きの被害が発生しています。

2.防犯対策

■何よりも、自分の身は自分で守るという心構えを持つ。
■外国にいることを常に忘れず、スリや置き引き、詐欺等の一般犯罪には特に注意する。また、邦人女性を含む外国人に対する性的暴行も報告されていることから、夜間の一人歩きや過度の飲酒には十分注意しましょう。
■雑踏では、カバン等はしっかり持ち、貴重品からは常に目を離さないようにしましょう。
■旅券(パスポート)のコピーをとっておき、クレジット・カード紛失時の連絡先等を記録しておきましょう。
■外出する際、携行する貴重品や現金は必要最小限にする。
■ホテル在室中はドアの施錠を確実に行い、ドアチェーンも使用する。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+66-(0)2−168−8511

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21タイでは日本人のお客様を中心にバンコク・シラチャーで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメント、アパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらタイ人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。